肌荒れの時にも保湿と紫外線対策はしましょう。


乾燥が進んだ肌は、角質細胞の間を埋めるセラミドなどの量が減ってキメが乱れ外部からの刺激に敏感になっています。

改善するためには保湿成分が配合されている美容液などをつけるのが基本です。

でも、しみるほどひどい肌荒れの場合には、化粧水は省いて油分が多いクリームやワセリンなどでケアしましょう。

また肌が荒れていても紫外線対策は必要です。

保湿効果のある美容液やクリームを塗った後にパウダーファンデーションまたはルースパウダーをつけましょう。

パウダー類には、紫外線を跳ね返す作用があるので、日焼け止めを塗らなくてもそれだけで紫外線防止の効果があります。

肌が乾燥しているとパウダーがなじみにくいかもしれませんが、リキッドやクリームファンデーションは界面活性剤や防腐剤が多く含まれているのでおすすめできません。

スプレー化粧水は水分が蒸発するときに肌の潤いまで奪ってしまい肌を乾燥させるので、かえって肌の乾燥を悪化させる原因になります。