冷たい飲み物は内臓を冷やす

おはようございます。

毎日、暑くて夏バテ気味ですよね...

こんなときこそ冷たい飲み物ではなく、白湯などで体を冷やさないようにしましょう。

汗をかいて、体の水分が失われるので、こまめに水分補給をするのは正しいことです。

しかし、冷たいジュースや冷水をガブ飲みすると逆効果になってしまいます

冷たい飲み物も適度に飲めばいいのですが、あまり飲み過ぎると内臓を冷やしてしまします。

内臓が冷えてしまうと血の巡りも悪くなり、全身の血流が遅くなります

そうすると代謝も悪くなり、だるさやむくみなどの症状が出て、さらには免疫機能も低下してしまうのです。

そして、冷えた内臓を暖めようとして、お腹の中の血管に内臓脂肪のもとの中性脂肪が集まり、便秘や肌荒れや太りやすい身体になってしまいます。

そうならない為のアドバイス!!

 ・昼食後に温かい飲み物などを摂る

 ・夜は湯船に入り体の芯から温める

■ 体を温める飲み物:赤や黒など色の濃い飲み物(コーヒーは例外)

ウーロン茶、紅茶、黒豆茶、赤ワイン、紹興酒など

 ■ 体を冷やす飲み物:白など色の薄い飲み物は体を冷やす

牛乳、コーヒー、水、ビール、焼酎など