誰でも貯め上手になる方法

年収が低いからお金が貯まらないはウソ!!
収入が低くてもきちんとお金が貯まります。

manekineko.jpg

貯め上手の人は?

家計簿をつけている人、
クレジットカードの明細を保存・メモしている人が多く、
収支をこまめに把握しています。

逆に貯めベタの人は?

収支を把握していない人が多い。
どこで何を買ったかをあまり覚えていないのです。

そして、貯め上手の人と貯めベタの人の違いは、
家賃・水道・光熱費・携帯電話などの固定費。

貯め上手さんは、
無駄を徹底にカットして、固定費を安く抑えている。

つまり貯蓄の目的が明確です。

目的に応じて貯めたり、
将来お金が必要になった時に使うことも意識しています。

貯め上手になるには?

1、固定費を削り洋服や趣味にお金を回す。
ムダを省いて、節約できたぶんを自分の洋服や趣味などに投資する。

2、先取り貯蓄をしている
一番有効的なのが、給料から毎月天引きで貯めていく方法。
それ以外は定期などで毎月貯まるようにしましょう。

3、通帳やカードの明細をきちんとチェックすること
公共料金やクレジットカードの明細、通帳などをこまめにチェックして、
お金の流れを把握しましょう。

4、時間をお金で買わない
自炊が面倒だから外食する...タクシーで帰る...など、
これは時間をお金で買っていることに近い。
できることは自分でやるという心構えを持ちましょう。

5、お金を貯める目標を持つ
貯め上手さんは将来のマネープランが明確。
将来の自分のために必要なことを前向きに捉えています。

貯めべたさんは、まず「○ヶ月後に○万円」「○○の為に貯める」という
目標を設定して達成できたら自分にご褒美をあげるのも効果的よ。

6、予算を立てること&家計簿
買い物に行くときに予算を立てて衝動買いをしないようにしたり、
家計簿をつけて予算を守ることを意識するだけでもお金の流れは変わります。