肌が老化してしまう原因

肌老化でいちばん恐るべき敵は、紫外線なのです。肌老化の65%は紫外線によるもので「光老化」といわれています。日光を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素がつくられターンオーバーはより排泄されるのですが...

繰り返し紫外線を浴びてしまうとメラニンサイトの数が増え、表皮が厚くなったり。
様々な変化によりシミができてしまうのです。

そして真皮まで到達した紫外線の影響で肌のハリを保つコラーゲンが劣化して弾力が失われます。その結果、肌にたるみやシワが刻まれてしまうのです。

紫外線を浴びるとメラニンが増え、シミの原因になる
美白化粧品に配合されている美白成分は、このメラニン色素の産生を抑える効果があります。

しかし、シミの原因は、紫外線によってメラニンが増えるだけが原因ではありません。
じつは、紫外線によって細胞のDNAが傷つき、そのダメージが蓄積されて肌の構造そのものが変性してしまうことがシミの原因になるのです。

紫外線は冬でも曇りでも毎日降り注いでいます。紫外線は熱くもまぶしくもないので、つい油断してしまいます。
普段の生活の中で、毎日、少しずつ浴びている紫外線のことを生活紫外線といい、この蓄積がシミの大きな原因になっているのです。

1週間、毎日、2時間外出して浴びる紫外線は、真夏に海水浴で1時間に浴びる量と同じだそうです。

太陽光線をエネルギー量で分けると50%は「可視光線」で5%が紫外線、残りは赤外線です。
可視光線はまぶしく、赤外線は暖かさや暑さを感じます。赤外線は熱さもまぶしさも感じないので紫外線を浴びていることが実感できないのです。

UVは「ULTRAVIOLET」の略で紫外線の意味。
紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があります。

◎A波(UV-A)エネルギーは弱いものの、じわじわと肌の真皮にまで到達します。雲を通り抜けるので曇りの日でも照射量はあまり減りません。

◎B波(UV-B)エネルギーが強く表皮にサンバーン(肌を赤くヒリヒリさせる状態)を起こします。雲やガラスなどである程度さえぎることができます。

A波・B波ともに肌老化を促進するので紫外線をブロックして肌を守ることが大切です。