ワキガを予防できる果物とは? 

夏になると特に気になるのが匂い...汗臭いやら...

なかでも一番気になるのがワキガなどの体臭の匂い...

この季節、ワキガでなくても匂いには敏感になりますよね。

特に女性のみなさんは気になりますよね...

そんな方たちに実は...身近な果実でワキガなどの気になる体臭が予防できるとしたら嬉しいことですよね。

その果実とは?

なんと「リンゴ」なのです!

リンゴには、ワキガなどの体臭を予防する効果があるといわれているのです。

汗腺には、全身にあり体温を下げるために発汗する「エクリン腺」とワキの下や陰部などに集中する「アポクリン腺」の2つがあります。

このうちワキガの原因となるのは「アポクリン腺」なのです。

アポクリン腺から分泌される「タンパク質」や「脂肪酸」などに、「常在菌」が繁殖してしまうとワキガ臭となります。

でも、アポクリン腺から分泌される数ある成分の中で「どれが臭いの素なのか」、それはまだ明確には解明されていないようなのです。

しかし研究が進むにつれて、「アポタンパク」という物質が関係しているのではないかと考えられているのです。

アポタンパクとは?

アポクリン腺から分泌される「リポタンパク」という物質が、常在菌によって分解されたもの。

なんとリンゴには、このにおいの元となる「アポタンパク」を抑制する作用があると言われているのです。

アポクリン腺から分泌される「物質」は、汗腺の中にある内はにおわないと言われています。

だから、汗をかいたら雑菌が繁殖する前にこまめにふくことが大切です。

汗ふきシートなどをいつもバックに入れておきましょう。