シワ対策にもっとも有効的な方法とは?

シワ対策にもっとも有効的な方法とは?

それはコラーゲンを増やす成分の入った化粧品を使うこと。

コラーゲンを増やす成分で実際に効果が高いとされているのは、ビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)レチノール(ビタミンA)などです。

これらの成分は真皮まで浸透してコラーゲンの働きを活性化させコラーゲンがつくられるのを促します。

◎ビタミンC誘導体

ビタミンCは、そのままでは肌に吸収されにくいため肌に入りやすい形に変えたものなのです。
体内のコラーゲンの合成に必要な成分で、美白作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用などの効果をあわせもつ万能的存在

選び方のポイント:クリームより水に配合したほうが安定しやすいため化粧水で使うのが好ましいです。
「リン酸アスコルビル」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」は浸透力が高くて有効です。

使用ポイント:朝晩のスキンケアの時に顔全体に使いましょう。
美顔器によって肌の奥まで有効成分を浸透させる「イオン導入」を週1~2回程度行うのも効果的です。
ビタミンCをつけると刺激を感じたり肌が乾燥しやすくなったりする人はナイアシンを使うのがおすすめです。

◎ナイアシン(ビタミンB3)
ビタミンCと同様、水溶性のビタミンの一種です。コラーゲンの合成を高め、肌代謝を活性化して肌にハリを与えます。
ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、肌が弱いけれどエイジングケア化粧品を試したいという人にオススメです。

選び方のポイント:水溶性の成分なので、化粧水や水性タイプの美容液に配合されることが多いです。

使用ポイント:朝晩のケアに顔全体に使いましょう。

◎レチノール
ビタミンAの一種で、人間の体の体内にあるもの。
肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす作用があります。

目元の小ジワや浅いシワにとくに効果的。 ほうれい線や額のシワなどの深いしわに使うこともできますが、深いシワだと目に見える効果を出すのは難しいかもしれません。

また効果が高い半面やや刺激が 強いので、肌が弱い人は注意して使いましょう。

選び方のポイント:油性なので美容液、クリームなどアイクリームなどに配合されていてシミにも有効な成分です。

使用ポイント:肌がカサつくこともありますが、使っているうちに慣れてくることが多いです。
どうしてもカサつく方はレノチールではなくビタミンC誘導体か ナイアシンを使いましょう。

日光に当たると効果が弱まるので、ナイトケアに使うほうが効果的です。

朝使う場合は上からファンデーションを重なるとよいで しょう。
古い角質を落とすピーリングを行ったあとに使用すると、より浸透力が高まり効果的です。