手作り焼酎石けんで美肌力を発揮

ご存知ですか?焼酎は飲むだけではなく肌につけることで、保湿、シミ、シワを防ぐなど美容面の効果も期待できます。

いろいろな焼酎の種類がありますが、美肌効果が期待できるものは、「本格焼酎」と表示されているものです。

焼酎には甲類と乙類があり、本格焼酎は乙類に入ります。

どうして乙類の焼酎に美肌効果があるのでしょうか?
その理由として焼酎をつくるときに使われる米、麦、芋、黒糖などの原材料は栄養分の宝庫なのです。

それを蒸留したものなのですが乙類の本格焼酎は、1回しか蒸留しない単式蒸留。
何度も繰り返して蒸留する甲類の焼酎とは違い、原材料の栄養分や美肌成分がアルコールに抽出されて、そのまま残っていると考えられています。

そのなかのひとつが、シミやそばかすの原因となる体内の活性酸素を撃退して肌細胞の酸化を防いでくれる抗酸化成分です。

本格焼酎に含まれるうまみ成分のエステルや芋焼酎の香り成分ゲラニオールなども肌に働きかける効果があるのではないかと言われています。

美肌への手助けをしてくれる成分がたっぷりの本格焼酎。蒸留酒は分子が細かいので肌に塗ると有効成分が肌に浸透しやすいという利点があります。

美肌のためには、まず毛穴の汚れや余分な皮脂を落とす洗顔が大切なのです。

簡単に出来る焼酎石けんの作り方を教えちゃいます。

≪焼酎石けん≫

材料:本格焼酎...70ml 石けんのもと...100g 
牛乳パックなどのあき容器(よく洗って乾燥させておく)

1、ボウルに焼酎と石けんのもとを入れて粘土をこねるようによくまぜ合せる。
2、容器に詰める。空気が入らないように少しずつ指先でギュッと押し入れる。
3、ふたをせずに4日間置いたら容器から取り出し、使いやすい大きさに切って使ってみよう。