保湿パックの正しい選び方

肌の乾燥が気になる時にスペシャルケアとして効果的なのが保湿パックなのです。

乾燥した肌には、セラミドをはじめとする保湿成分を補うことが大切です。

でも乾燥が進んだ肌は角質層が厚くなっているため美容液などの有効成分が肌の奥まで浸透しにくくなってしまいます。

保湿パックには、肌の奥まで潤いを届ける効果があるので、パックをすることにより肌の乾燥を予防・改善することができるのです。

保湿パックは肌に密着するものを選びましょう。

手軽に出来て人気のシートタイプのパックやコットンパックでは保湿効果は期待できないのです。

それは、シートやコットンの表面から水分が蒸発してしまうため肌を密閉したことにはならないので、角質の奥まで潤いを届けることができないのです。

一番おすすめなのが、顔にのばすと石膏状にカチカチにかたまり、あとから洗い流すタイプのものです。

冬場なら週に2回のパックを習慣にしましょう。

シート・コットンタイプ:化粧水を含ませたシートで顔を覆います。シートの表面から水分が蒸発してしまうので、潤うのは肌の表面だけなのです。

剥がすタイプ:肌にのばすと乾燥してシート状になります。剥がす時の刺激で肌の表面を傷つける可能性があります。

クリームタイプ:クリーム状のパックを顔にのばし、あとからふきとったり洗い流します。
油分が多すぎたり、ふきとるときに肌を刺激したりします。

洗い流さないタイプ:保湿クリームとして肌につけたままにする。顔全体に使うと油分が多すぎて、毛穴づまりやにきびの原因になることがあります。