美白化粧品の正しい使い方


化粧品に配合されている美白成分とは、主に肌の中でメラニン色素がつくられる働きを抑える効果があるもの。

ただし中には、美白成分が効かないしみもあるということなのです。

美白化粧品で改善できる可能性があるのは、ごく薄い老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑などです。

美白化粧品はできたしみを消すものではなく予防的に使うものと考えましょう。

美白化粧品には化粧水や美容液や洗顔料などいろりろとありますが、おすすめは顔全体につけやすい美容液やクリームで美容成分が配合されていることを確認して選んでください。

美白成分の効果は人によって違います。肌の様子を見ながら自分に合ったものを選びましょう。

≪メラニン色素をつくりだす酵素の働きを抑える≫
アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・油溶性甘草エキス(グラブリジン)・ハイドロキノン・トラネキサム酸

≪メラニン色素をつくりだす酸素の量を減らす≫
リノール酸

≪肌に紫外線があったことをメラノサイト(メラニン色素をつくる細胞)に伝える情報をブロックする≫
カモミラET・t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)・トラネキサム酸