五食の野菜で代謝を高めよう

野菜は好きですか?野菜というとサラダをイメージしませんか?

東洋医学では、生野菜は体を冷やすものと言われています。

冷えは万病のもと。栄養を効率よく吸収するには温野菜がとても最適なのです。

特に五食の野菜 黒・緑・赤・黄・白(海藻や穀物を含む)をバランスよく食べることです。

レンコンやゴボウなどの根菜類や昆布や緑の野菜は肝臓を元気にします。

ほうれん草や小松菜などの緑の野菜は肝臓を元気にします。

人参やトマトなど赤い野菜は心臓を強くします。

玄米や大豆などのエネルギーを含む黄色い穀類は脾臓や胃などの身体の中心部を元気にします。

大根、白菜などの水分量の多い白い野菜は肺を潤す効果があるのです。

こうして5つの野菜を毎日バランスよく摂ることがとても健康にとって大切なこと。

特に旬の野菜を食べることがさらに効果的。

秋~冬は根菜や白い野菜を食べると身体が温まります。

春は緑の葉を多くとって身体を目覚めさせたりします。

夏はゴウヤやニガウリのような苦みがある野菜を食べると身体が引き締められ元気になったり。

野菜は、丸ごとすべて食べ切りましょう。

温野菜はスープにするとしっかりと食べれるのでオススメです。