にきび跡がクレーターに?

10代のお肌はにきびができることが多いですが、にきびを悪化させると肌がクレーター状になってしまうことがあります。特に顔にできたにきび跡は、とても気になりますよね。

大きくなってからもにきびと完全に縁が切れず、ことあるごとにできたりもします。
にきびの痕跡がクレーターにならないよう、肌のコンディションを普段から整えておくことが大事です。

お肌ににきびができる原因として、ホルモンの偏りが挙げられます。
自然に消えることも多いのですが、時には化膿したりしてクレーター状に跡が残ることがあります。

にきび跡が顔に残っていることがコンプレックスだという人もいます。
一度できたにきび跡はなかなか消えないので、まずはにきびを作らないことが重要です。

お肌ににきびができる背景には、毛穴から分泌される皮脂や汗があります。毛穴に詰まった皮脂や汗が原因で皮膚が化膿し、化膿が悪化して赤にきびやにきびクレーターになると言われています。

もしも軽度のにきびなら、清潔な状態にし、刺激せずに放置しておくことによって、徐々に自然治癒していくでしょう。

特に赤いにきびや、黒いにきびが顔にできると、クレーターのようなにきび跡が残りやすいので特に気をつけなくてはなりません。