洗顔料は汚れをしっかり落とすものを選ぶ

洗顔料にはさまざまなタイプがあります。

その中で、一番のオススメは洗浄力のバランスがよく肌に余計なものを残さない固形石けんです。

洗顔後の肌がしっとりするタイプの洗顔料も人気があるようですが、肌のうるおいが守られてるわけではないのです。

実は、ただ洗顔料に含まれる油分が残っているだけなのです。

そして、すすいだ後も顔の表面に油膜が張ったような状態になるため化粧水や美容液の浸透が悪くなるのです。

その他に美白成分などを配合した洗顔料もありますが、すすぎで流されてしまうので肌には吸収されないのです。

洗顔は皮脂や汚れを落とすことに徹して、保湿や美白などのケアはそのあとの美容液にまかせましょう。

こんなやりかたはNG!

朝は水だけで洗顔だと、肌に皮脂が残っているとにきびや老化の原因になるし、スキンケアの浸透も悪くなります。

洗顔料の泡立てが少ないと肌をこすってしまい、肌荒れやしみなどの原因に...洗顔料は、よく泡立ててから使いましょう。

洗顔は「泡でやさしく洗う」ことが基本なので、汚れが気になる部分をしつこくこすらないようにしましょう。