野菜は好きですか?野菜というとサラダをイメージしませんか?

東洋医学では、生野菜は体を冷やすものと言われています。

冷えは万病のもと。栄養を効率よく吸収するには温野菜がとても最適なのです。

特に五食の野菜 黒・緑・赤・黄・白(海藻や穀物を含む)をバランスよく食べることです。

レンコンやゴボウなどの根菜類や昆布や緑の野菜は肝臓を元気にします。

ほうれん草や小松菜などの緑の野菜は肝臓を元気にします。

人参やトマトなど赤い野菜は心臓を強くします。

玄米や大豆などのエネルギーを含む黄色い穀類は脾臓や胃などの身体の中心部を元気にします。

大根、白菜などの水分量の多い白い野菜は肺を潤す効果があるのです。

こうして5つの野菜を毎日バランスよく摂ることがとても健康にとって大切なこと。

特に旬の野菜を食べることがさらに効果的。

秋~冬は根菜や白い野菜を食べると身体が温まります。

春は緑の葉を多くとって身体を目覚めさせたりします。

夏はゴウヤやニガウリのような苦みがある野菜を食べると身体が引き締められ元気になったり。

野菜は、丸ごとすべて食べ切りましょう。

温野菜はスープにするとしっかりと食べれるのでオススメです。

ダイエットで痩せようとする人はたくさんいます。
健康的なダイエット方法として知られているのが、痩せるスープを飲むというものです。

痩せるためには、いかに普段の食事から摂取するカロリーを少なくするかが重要なポイントとなります。わずかな量でも満足感を得られる食事にすることも必要です。

ですが、ダイエットを続けるためには、空腹をこらえることは大変な労苦となります。
そのため、満腹できる食事で、かつカロリー量が少ないものを選ぶことが大事です。

積極的に活用することがあまりストレスを感じずに痩せるコツにもなります。
ダイエット時の食事としては、スープや味噌汁を多用することが効率的だといいます。

普段の食事でもはじめにスープ類をたっぷり飲む事で、他の食べ物の量を減らすことができ、より早く満腹感を得ることができます。おかずやご飯をたくさん食べずとも満腹できることから、意識せずとも食事量を減らせるようになり、減量効果が出ます。

カロリー制限中はミネラルやビタミンが不足しやすいですが、スープや味噌汁の具を増やすことで栄養の偏りも解消できるというものです。植物繊維を積極的に取り入れるためにも、野菜スープは役立ちます。

スープを活用すればダイエットにありがちな便秘を防ぎ、より健康的に痩せることができるでしょう。

10代のお肌はにきびができることが多いですが、にきびを悪化させると肌がクレーター状になってしまうことがあります。特に顔にできたにきび跡は、とても気になりますよね。

大きくなってからもにきびと完全に縁が切れず、ことあるごとにできたりもします。
にきびの痕跡がクレーターにならないよう、肌のコンディションを普段から整えておくことが大事です。

お肌ににきびができる原因として、ホルモンの偏りが挙げられます。
自然に消えることも多いのですが、時には化膿したりしてクレーター状に跡が残ることがあります。

にきび跡が顔に残っていることがコンプレックスだという人もいます。
一度できたにきび跡はなかなか消えないので、まずはにきびを作らないことが重要です。

お肌ににきびができる背景には、毛穴から分泌される皮脂や汗があります。毛穴に詰まった皮脂や汗が原因で皮膚が化膿し、化膿が悪化して赤にきびやにきびクレーターになると言われています。

もしも軽度のにきびなら、清潔な状態にし、刺激せずに放置しておくことによって、徐々に自然治癒していくでしょう。

特に赤いにきびや、黒いにきびが顔にできると、クレーターのようなにきび跡が残りやすいので特に気をつけなくてはなりません。


ダイエットに効果的な有酸素運動は、ウォーキングです。
有酸素運動とは、十分な呼吸を確保しながら行う比較的軽い運動です。

有酸素運動には、サイクリングやウォーキング、軽いジョギングなどが含まれます。
運動を呼吸をしながらすることで、運動に必要なエネルギーとして燃焼されていくのが、体内に蓄積されている脂肪です。

今までは血液中に溶けている脂肪しか20分以上の有酸素運動でなければ燃えず、あまりダイエット効果は得られないといわれていました。最近では、短時間のウォーキングでもダイエット効果はあると考えられるようになっています。

ダイエットが、まとまった時間が確保できずとも、ちょっとのすき間時間にウォーキングをすることでもできるということなのです。ウォーキング運動を継続することで、体内の筋肉量が増加します。

基礎代謝量は、筋肉量がたくさんあればあるほど増えるものです。
体重が増えるのはそもそも、カロリー量のうち体内で消費するものが、摂取カロリー量より少ないことが原因です。

筋肉量をウォーキングで増やし、高い基礎代謝の体に変化させることで可能になるのが、脂肪が増えにくい体質になることです。

ウォーキングダイエットは、長期的に取り組むことが太りにくい体質に改善が見込めるというお得な方法なのです。

足ツボでは、髪のトラブルは腎臓の働きが悪くなるために起こると考えられています。

腎臓の働きを高めるツボ・湧泉を中心に刺激します。

湧泉は足の裏にありこのツボを刺激すると頭皮の血行が良くなり、下半身にたまった血液が心臓へ戻りやすくなって全身の血液循環も促されるのです。

湧泉を中心に足の裏をタワシなどで軽く1分くらいこすると温まり桜色になります。

しかも湧泉は、なんと若返りのツボともいわれているのです。

40~50代から増える薄毛は、抜け毛のスピードが髪が生えるスピードを上回ってしまうからと言われてます。

ツボ刺激で頭皮に活力を与え抜け毛の進行を抑えられれば、やがて髪の量は増えてきます。

白髪は老化の表れとされていますが、中には20代のころから出る若白髪など気になりますよね。

現代医学でも白髪を根本的に治す方法はありません。

若白髪にも湧泉のツボを刺激してみて下さい。

ご存知ですか?人間の皮膚は、約1ヶ月のサイクルで新しく生まれ変わります。

でも年を取ると共にそのサイクルは遅くなり、なんとダメージを受けると完治する前に、また新たなダメージを受けるという繰り返しになって衰えていくのです。

人間は、もともと体内に保湿物質や抗酸化物質を持っています。

例えばコエンザイムQ10も人間が持つ抗酸化物質のひとつなのですが、こうした物質は年齢を重なるごとに減少していくのです。

そうして肌の再生力が低下することによって、肌に活力がなくなったり、新しくハリのある肌を再生させることができなくなるとシミやシワやたるみが生じます。

そういった症状を改善するのにオススメなのが「耳つまみ」なのです。

耳をつまむその刺激に耳回りの筋肉がほぐされて、圧迫していた血管が開き、血流がよくなり、皮膚の代謝が活性化されるのです。

東洋医学的にも耳には全身の各器官に働きかけるツボ(反射区)が配置されているので、全身をくまなくマッサージしているのと同じなのです。

1日1分、手軽にできる「耳つまみ」で肌を活性化させハリ艶肌を取り戻しましょう。

 ≪耳つまみのやり方≫


1、下→上に向かって、気持ちがいい程度の強さでつまみ、場所を移動しながら1週

2、1日3週、耳のふちをぐるっとつまむだけでOK!


ビタミンB群に属する栄養素のひとつが、サプリメントで人気の葉酸です。
栄養機能食品として厚生労働省に認められています。葉酸の一日の摂取目安量は200μgで、厚生労働省によって定められています。

必要な摂取量として 400μgを、妊娠を望む期間や妊娠中の場合は設定しています。
葉酸を摂取する場合に、胎児の神経系障害のリスクを低減させるためには、妊娠が分かってからではなく、少なくとも妊娠1ヶ月前からがおすすめです。

サプリメントに頼らなくても、三度三度の食事をきちんととっていれば葉酸を食品から必要量とることは決して難しいことではありません。サプリメントの利用がおすすめなのは、食事をきちんととることが難しい人です。

欧米では、妊娠に関係なく将来妊娠をする可能性がある女性たちも、日頃から葉酸を摂取することが推奨されているようです。ここ日本で推奨されているのは、妊婦と授乳期に一般より多めに摂取することです。

サプリメントを利用して葉酸の摂取を日頃から意識して心がけることは、妊娠を望んでいる方にも良いことです。体にとりすぎはよくないといえます。手軽に服用できる分、サプリメントは過剰摂取にならないように気を付けましょう。

葉酸の摂取量が1日1000μgを超えないよう気をつけてサプリメントを摂取しましょう。

ダイエットをデトックスで行うという方法を知っているでしょうか。
ダイエットに良いと言われているデトックスは、体内に留まっている不要な水分や老廃物を、代謝をたかめることで排出するというものです。

人間の体は、もともと新陳代謝などで、普段から体内にある不要なものを排出する作用があります。体が不要と判断した水分や栄養分は新陳代謝で出ていくものですが、加齢などで代謝がゆっくりになるとその機能が衰えてくるようになります。

十分なデトックスができていないことが体調不良に原因になることもあります。
年を取ると基礎代謝が低下することが、中年以降は体に肉がつきやすい理由だとも言われています。

代謝が低下しているのに摂取カロリーが昔と同じなら、差分は脂肪になるばかりです。ダイエットにデトックスを用いる方法を実践する人が増加しています。デトックスダイエットは、主に新陳代謝を活発にして、体内の老廃物を速やかに排出させることです。

ダイエット効果が現れやすく、脂肪が燃えやすくなる作用が期待できます。
デトックスに良いとされる食べ物を食べたり、血流を良くするマッサージをすることで体内のデトックス効果を高める方法が、ダイエットでは一般的です。

マッサージと食事の双方を実践することで体内のデトックスを促進し、新陳代謝を活発にすることでダイエットによい効果が得られるといいます。

「ヘナ」をご存知ですか?

薬草のヘナを使った髪染めは、やせた髪に張りとコシを与え髪の毛を若返りさせる効果をもっているのです。

ヘナには、髪の毛を酸性に保つ効果があり、使い続けることにより白髪が予防されたり縮毛が直毛になったり切れ毛・抜け毛・地肌のトラブルが治るなどの声をよく聞きます。

インドでは、ヘナの早花の軟膏や煎じ薬が万病に効く薬として用いられています。

実際にヘナで髪を染め始めてから体の調子が改善する方もいらっしゃいます。

ヘナが毛根から浸透して体内にたまった毒素を尿や汗と一緒に排出させるからなのです。

なかには更年期の不快感や生理不順、湿疹などが治ったりした方もいらっしゃるようです。1

00%のヘナで白髪を染めると髪の毛は明るいオレンジ色になります。乾かすだけで髪がまとまるので整髪料などは必要ないです。

髪が薄くなってきたと感じている方用のサプリメントがあります。
抜け毛や薄毛に悩んでいる人は少なくありません。

遺伝だから自分もいずれは薄毛になるとか、抜け毛は仕方が無いものだと諦めていませんか。
人の頭は髪があるものです。抜ける髪、薄くなる髪に対するよい手段は一体何があるでしょう。

一度は生えた髪が抜けるのはどうしてなのかがわかれば、髪が抜けないために何をすべきかがわかります。抜け毛の進行をストップさせるには、抜け毛の原因を取り除いてしまうことです。

抜け毛の原因を排除し、サプリメントを利用しながら、頭皮を健康な状態に保つ事で育毛の力を高める事ができるのです。抜け毛に効果的なサプリメントは様々なものがあり、ネット通販などでも順調に売行きを伸ばしています。

ミネラルやビタミンのサプリメントは抜け毛に悩む方におすすめです。
毛根に栄養を届けなければならない毛細血管が、鉄分不足で血流不足に陥っていることもありますし、亜鉛不足が脱毛に関与していることもあります。

新しい髪が早く生えるように、サプリメントでビタミンCやE、コエンザイムQ10ほ補給する人もいます。現在頭から生えている髪が太くしっかりとした状態になるために必須脂肪酸のサプリメントを使う人もいます。

サプリメントでの薄毛対策には、様々なやり方があります。
自分の頭皮の状態に合ったサプリメントを見つけることが、髪の抜け毛対策の第一歩になります。