肌の乾燥が気になる時にスペシャルケアとして効果的なのが保湿パックなのです。

乾燥した肌には、セラミドをはじめとする保湿成分を補うことが大切です。

でも乾燥が進んだ肌は角質層が厚くなっているため美容液などの有効成分が肌の奥まで浸透しにくくなってしまいます。

保湿パックには、肌の奥まで潤いを届ける効果があるので、パックをすることにより肌の乾燥を予防・改善することができるのです。

保湿パックは肌に密着するものを選びましょう。

手軽に出来て人気のシートタイプのパックやコットンパックでは保湿効果は期待できないのです。

それは、シートやコットンの表面から水分が蒸発してしまうため肌を密閉したことにはならないので、角質の奥まで潤いを届けることができないのです。

一番おすすめなのが、顔にのばすと石膏状にカチカチにかたまり、あとから洗い流すタイプのものです。

冬場なら週に2回のパックを習慣にしましょう。

シート・コットンタイプ:化粧水を含ませたシートで顔を覆います。シートの表面から水分が蒸発してしまうので、潤うのは肌の表面だけなのです。

剥がすタイプ:肌にのばすと乾燥してシート状になります。剥がす時の刺激で肌の表面を傷つける可能性があります。

クリームタイプ:クリーム状のパックを顔にのばし、あとからふきとったり洗い流します。
油分が多すぎたり、ふきとるときに肌を刺激したりします。

洗い流さないタイプ:保湿クリームとして肌につけたままにする。顔全体に使うと油分が多すぎて、毛穴づまりやにきびの原因になることがあります。


化粧品に配合されている美白成分とは、主に肌の中でメラニン色素がつくられる働きを抑える効果があるもの。

ただし中には、美白成分が効かないしみもあるということなのです。

美白化粧品で改善できる可能性があるのは、ごく薄い老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑などです。

美白化粧品はできたしみを消すものではなく予防的に使うものと考えましょう。

美白化粧品には化粧水や美容液や洗顔料などいろりろとありますが、おすすめは顔全体につけやすい美容液やクリームで美容成分が配合されていることを確認して選んでください。

美白成分の効果は人によって違います。肌の様子を見ながら自分に合ったものを選びましょう。

≪メラニン色素をつくりだす酵素の働きを抑える≫
アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・油溶性甘草エキス(グラブリジン)・ハイドロキノン・トラネキサム酸

≪メラニン色素をつくりだす酸素の量を減らす≫
リノール酸

≪肌に紫外線があったことをメラノサイト(メラニン色素をつくる細胞)に伝える情報をブロックする≫
カモミラET・t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)・トラネキサム酸

自己流のデトックスダイエットを家でやりたいという人がいます。
内臓に影響を与えるツボを揉みほぐし、デトックス効果を得るという方法がダイエットではメジャーな手段です。

むくみが解消したり、体調を整え、リラックスする効果もあります。
エステのデトックスコースを受けると、そのためのマッサージオイルが体のあちこちをマッサージしてくれるようです。

デトックス効果のあるマッサージには、足を刺激するリフレクソロジーがあります。
足にあるツボを指圧し、刺激を与えることをリフレクソロジーといいます。

リフレクソロジーはお手頃価格で施術が受けられるため、若い人がこくに好む方法です。
方法さえわかれば、家で足をマッサージするデトックスができます。

家庭でできるデトックスには、デトックスにいい食事をするというやり方が上げられるようです。
デトックス効果の高い食品を積極的に食べることで、体内の新陳代謝を高めていく方法です。

唐辛子、ショウガ、ニンニクと言った食品は体を温める効果があることでも有名です。
体の温度が上がれば新陳代謝が活性化され、デトックスダイエットを行うことができます。

デトックスの効率をアップさせるには、マッサージ後や運動後に水分を摂取する習慣をつけることです。体内で停滞している水分や老廃物を出すデトックスは、ダイエットだけでなく肌のコンディションを整える作用もあります。

ご存知ですか?焼酎は飲むだけではなく肌につけることで、保湿、シミ、シワを防ぐなど美容面の効果も期待できます。

いろいろな焼酎の種類がありますが、美肌効果が期待できるものは、「本格焼酎」と表示されているものです。

焼酎には甲類と乙類があり、本格焼酎は乙類に入ります。

どうして乙類の焼酎に美肌効果があるのでしょうか?
その理由として焼酎をつくるときに使われる米、麦、芋、黒糖などの原材料は栄養分の宝庫なのです。

それを蒸留したものなのですが乙類の本格焼酎は、1回しか蒸留しない単式蒸留。
何度も繰り返して蒸留する甲類の焼酎とは違い、原材料の栄養分や美肌成分がアルコールに抽出されて、そのまま残っていると考えられています。

そのなかのひとつが、シミやそばかすの原因となる体内の活性酸素を撃退して肌細胞の酸化を防いでくれる抗酸化成分です。

本格焼酎に含まれるうまみ成分のエステルや芋焼酎の香り成分ゲラニオールなども肌に働きかける効果があるのではないかと言われています。

美肌への手助けをしてくれる成分がたっぷりの本格焼酎。蒸留酒は分子が細かいので肌に塗ると有効成分が肌に浸透しやすいという利点があります。

美肌のためには、まず毛穴の汚れや余分な皮脂を落とす洗顔が大切なのです。

簡単に出来る焼酎石けんの作り方を教えちゃいます。

≪焼酎石けん≫

材料:本格焼酎...70ml 石けんのもと...100g 
牛乳パックなどのあき容器(よく洗って乾燥させておく)

1、ボウルに焼酎と石けんのもとを入れて粘土をこねるようによくまぜ合せる。
2、容器に詰める。空気が入らないように少しずつ指先でギュッと押し入れる。
3、ふたをせずに4日間置いたら容器から取り出し、使いやすい大きさに切って使ってみよう。

誰でも手に入れたいウエストのくびれは、大切な理想的な体型になるためのポイントです。
特にシェイプアップとして行っている人は、ダイエットをする人の中でもただ痩せるのことをを目的としているわけではないようです。

ウエストのくびれがあるような、理想の体づくりを目指しているケースも多いのです。
案外体重を落とすことは簡単だといえるでしょう。

バストのサイズは落とさずに、ウエストがくびれ、ダイエットを行うことはなかなか実際には困難です。ダイエットでウエストがくびれるようなものを行うために重要なのは、食事制限だけではなく運動も取り入れることだといえるでしょう。

お腹はウエストを中心にしてもともとは内臓が入っていますが、それを支えているのは筋肉なのです。くびれるどころか出っ張ることよくあるウエストを含めた腹部は、脂肪もつきやすいようです。

ウエストがなかなかくびれない人の原因には脂肪が付き過ぎていることがあります。
ウエストは筋肉が不足している場合、いわゆる寸胴な体型にむくみが起こっていることでもくびれができずになってしまうといいます。

女性は特に、バランスのいい体型となり理想的な姿になるのは、胸とお尻をつなぐウエスト部分が、引き締まっている場合でしょう。ぜひウエストのくびれを作ってメリハリのある体作りを目指すことを、ダイエットに挑戦したいと思っている人は、ただ痩せることよりもおすすめです。

紫外線カット効果があるメイク用品があります。

紫外線は肉眼で捉えることはできません。

そのため、今この瞬間にどのくらいの量を浴びているのかを認識することはできません。

海水浴シーズンのビーチにある程度の時間いると、肌が小麦色に焼けて紫外線を感じることができます。

紫外線はどこでも場所で当たってしまうものなのです。

太陽が降り注ぐ天候の中、夏や冬は特に紫外線に対する備えを十全にしておく必要があるとされています。

紫外線は、わずかな時間の用事であっても、ベランダや庭に出ている時にも肌に影響を及ぼします。

窓の近くにいるときは、たとえ屋内でも紫外線カットをしたいものです。

通常紫外線をカットできる強さは数値が大きいものほど効果が高いと言われています。

でもお肌のことを考えるなら普段は、数値が低いものをこまめにつけましょう。

紫外線カット効果がある化粧品をいつも使うことによって、冬場やちょっとした屋外作業でも紫外線への備えをしておきましょう。 
   

洗顔をきちんと行うことで、気になる毛穴のケアもある程度は行うことができます。

毛穴汚れとは、皮脂の分泌が多すぎて毛穴の目詰まりが起きる状態です。

毛穴ケアでまず心がけなければならないことは、皮膚をきれいにしておくことです。

洗顔には、なるべく固形石鹸を用いるようにしてください。

洗顔する時にごしごしと強くこすると、よく落ちるような気がしてしまいますが、肌を傷つけてしまうし、保湿に必要な皮脂までも洗い落としてしまします。

泡で汚れを浮かせて、ぬるま湯できちんと洗いましょう。

洗顔をした後はふわふわのタオルで、優しく拭いて、化粧水、そして美容液などで十分に保湿しましょう。

肌に化粧水の成分を十分に行き渡らせるためにも、洗顔直後の毛穴が開いている状態のうちに保水をしてください。

洗顔後は化粧水などでケアするようにしましょう。

毛穴ケアのためには、ターンオーバーである28日以上は続けることが大事です。

古くから美の象徴として多くの人々に愛されてきた「薔薇」薔薇の産地として知られるブルガリでは、長い間ずっと薔薇の研究が進められました。

19世紀の初めに薔薇を使った治療が効果的なものとして、眼病、皮膚病、消化器系、神経系の病気、心臓病などがあげられています。

さまざまな動物実験も行われ薔薇が不整脈の改善や潰瘍の予防、胆嚢、肝臓の機能回復などに有効的であることが明らかになったのです。

そして薔薇には強い抗菌力や殺菌力があります。肌につければ殺菌高により肌が清潔に保たれ、水虫や虫刺されを改善します。

薔薇のローズウォーターは、日焼けを防いだり、日焼けのほてりや炎症を鎮めたり、活性酸素や紫外線の害を抑え、シミやそばかすをできにくくするのです。

こうした薔薇の効果をとりいれたいのならローズオイルやローズウォーターや薔薇の石けんがおすすめです。

若々しい肌を保つには「正しく肌を洗う」ことが大切です。

薔薇の保湿効果や抗アレルギー作用で、アトピー性皮膚炎の赤みやかゆみをとるのにも効果的です。


ご存知ですか?昔から炭焼き職人には皮膚病なし、肌が白くて綺麗など言われてきました。
その炭焼き職人の肌の秘密は、なんと「炭」の作用にあったのです。

炭と言えば、お米やお水に炭を入れたり、炭を置いて消臭したり、お風呂に入れたりするようになりました。

最近では、炭石けんが注目されています。
その効果とはどのようなものなのでしょう。

美白効果...吸着性にすぐれた炭の超微粒子が毛穴の奥まで浸透して、毛穴の奥に詰まっている汚れや古い角質を吸着して排出するの。肌の黒ずみがとれ肌がスベスベになります。

保湿効果...炭の有効成分が肌に深く浸透するので肌が潤います。

洗顔効果...炭石けんの細かい泡が余分な皮脂や汗を包み込み落とすので脂性肌の人もさっぱりとして肌がつっぱるようなこともありません。

温熱効果...備長炭を使った炭石けんには、とても優れた温熱効果があります。体を炭石けんで洗うと全身が温まり血行もよくなり、冷え性、むくみ、肩こり、腰痛などを改善効果が期待できます。

マイナスイオン効果...炭石けんにはマイナスイオンの効果があります。気持ちがリラックスしたり自律神経が安定して疲労回復を促進する効果などがあります。

でも市販の炭石けんの中には洗浄力が強すぎるのもあるので、乾燥肌や敏感肌の方は手や腕で試してみてから顔に使うことをおすすめします。

良質な炭石けんは、肌に優しく乾燥を防ぐ効果もあり、アトピー性皮膚炎を抑える効果もあります。

こんにちは、今日は「新月」です。

新月とは?

新月は、太陽・地球・月が一直線に並ぶ日です。

そのため意思(太陽)と心(月)が一致しやすい時でもあります。

また、新月には新しい行動を後押ししてくれるパワーがあるといわれてます。

新月から8時間以内に
(ボイドタイムを除いて)願い事を10個以内、肯定的な表現でノートか手帖に書き出しましょ う。

書いたことは現実のものとして潜在意識に入り込み、願いが叶うといわれてます。

思考は現実化することは、古来より「願いを込めると不思議な力が宿る」と言われてきました。

特に新月は、最も願い事が叶いやすい時期なのです。


そこで新月の願い事を書いてみませんか?

◎リストは必ず自分で手書きで書きましょう。

◎1回の新月で書けるお願い事は2コ以上10コ以内。 

◎自分を主体に肯定文で書き、現在形や完了形で書きます。


◎お願い事は、1個につき1文にします。
2つ以上の願いを、まとめて1文に書くのではなく分けて書きましょう。

◎新月パワーは新月が始まって48時間以内です。
新月パワーが始まって最初の8時間が一番叶いやすいと言われていますので、
出来るだけ新月が始まってから8時間以内に書くことをおすすめします。


乙女座の新月 9/16 11:11~

乙女座に月がある時期は、清潔で秩序正しい状態を好むので、掃除や整理整頓、細かい作業などを行うとよいでしょう。

健康や自己管理を象徴する星座なので、心身の健康に関心が向きやすくなります。

食事や生活サイクルを健康的に変えたいのなら、この時期に何か行動をするといいでしょう。